AKOの徒然トーク💎

ひとのふしぎ

私は、人そのものが不思議な生き物だから、世の中でいわれる不思議な出来事は全てありだとすんなり受け入れ体質です。そして、喘息ということもあり身体が色々な事を察知することも多く、季節の変わり目、今、喘息の方々はちょっと息苦しかったり、来たな~という感覚の方はきっと多いはずです。

アラフィフ、今まさに50才という節目の私、仕事歴もそろそろ30年に接近中。ふとしたきっかけで、今は在宅で人生初めて、子供の事をゆっくり見ながら、家事をしながら自分のペースでゆるりと仕事をする機会を得てます。が、根がとことん魂が男であろう私は、フェミニンライフをうたいつつ、朝起きてから寝る寸前まで、今、頑張っている事にSUPER集中して一日を過ごしている。

今日も同じく。そして、今日の作品が仕上がった瞬間に、疲れがどっと出たというか、疲れにやっと気づき、そんなタイミングで次男が帰宅し、サッカーの練習前に私の前で宿題をやりだしお喋りを始めた。そのとたんに息苦しくなり眩暈からの貧血でふらりと倒れてしまった。最初は、なんだなんだと横にならせてもらい、すぐに気づいた。息苦しさはこの首から肩のガッチガチで、頭に血が回っていない事に。そして、次男にマッサージをお願いした。赤ちゃんの時から私は長男も次男もマッサージをして育ててきました。(アロマセラピストなもので。)で、次男もさすがに心配したのか、宿題の手をとめて、「百円ね。」と言いながら、まずは手からほぐしてくれたら、みるみる血流がよくなったのがわかった。そして、サッカーの練習があるからと一度宿題に戻ったけれど、原因がわかった私は、改めて肩甲骨から首までのほぐしをお願いしたら快諾、我が子ながら優しいのです💕13年、私の愛情たっぷりのマッサージを受けてきた彼は、うまいんです。いつも押されているかr、つぼもわかるんです笑笑😘けっこうやってくれて、おかげで私は呼吸が少し楽になり、でもなんだか頭が重く息苦しさが残って、あることをした。すっとしました。す~~~~っとしました。

ふしぎなことはあります。それを受け入れること、それをどう対処するかはその人次第ですが、私はこのふしぎな事を1000%受け入れて向かいあっていきたいと決めてます。

このコロナの渦の中で、長男も右往左往しながら、なんとか行先も決まりましてとりあえず安心しましたが、この環境はまだまだ続くであろう、これに慣れて折り合いをつけて皆が生きていかなくてはならない。慣れるって、良くも悪くも一番最初に必要な事。その場に、環境に慣れた自分になって、やっと仕事というものに向かって尽力できると思っています。私は30年近く働いてきて、このあと約一年くらいはお勉強兼ねて自分のペースで働き、ママを堪能する。そして、やはり身体が動くうちは、社会に関わり社会の中で色々ある中で仕事をすることが大切だという考えなので、次にどんな仕事でどんな仕事に巡り合えるのか、1年後にどんな自分になっているのか、とっても楽しみです😍

いつもいつまでもフェミニンライフを。この軸にぶれはありませんが、仕事は男前、これもぶれません。私の周りの友人は、フリーランスの方々が多く、皆必死です。それぞれの環境下で、精いっぱい頑張っていて、それを感じる事が私の栄養となって、私なりに一日一日を大切に。

今の楽しみは、コロナ太ったお肉たちを減らし、元の身体に戻ったら、長男のバイト先に行ってみたい。小さな、しかし私にはとっても意味がある、長男のおかげでモチベーションになる美活でございます💙

次、赤いラメの生地で、ガーナチョコレート風味の自分ようの大き目バッグを作ったら、ひとまずはキラキラ女子ラメシリーズの完成💓そしたらば、ランドセルの想い出をふんわり形にしましょうシリーズに入ります🥰

AKOの徒然トーク💎

亜土ちゃん💕

今日、やっと実現した大大大好きな亜土ちゃんの展示会、そして、もう一人、大好きな竹久夢二さんの作品展と現実の恋愛人生。

朝、10:30に到着して、13:00まで、何度も何度も1-3階を行ったり来たり。なんなんだろう。何回見ても何回見ても、毎回同じようにハートがふわふわわあわわってして、インスタでも書いたんですが、ハートに栄養注入💕

子供の頃使っていた亜土ちゃんの筆箱、やっぱりあったし、亜土ちゃんもあの番組では毎回ド緊張していたって知ったり、ジャズ歌手として、そしてアニメソングも歌っていたり、今は人生の半分山の中でお過ごしのようで、アトリエの写真とか見たら、もううらやましくてうらやまして、行って見てみたいし、これまで芸能人や有名人に会いたいと思ったことがないけど、今日思った、亜土ちゃん、本物の亜土ちゃんに会ってみたい。あんなにキュートで、才能に溢れて、いつまでもたくさんの女子に愛され続ける亜土ちゃんに会ってみたい。人の心をこれだけつかんで離さない、ニコニコされているんだろうな~。

私は、基本的にSUPER不器用なんだけど、昔からフエルトでマスコット作ったり、刺繍をしたり、絵はド下手だけど、マニュアルに沿わずに、自分の頭の中のイメージを、温めているとどこかで何かに出会いスイッチが入って、思うがままに無我夢中に何かを作っているときの高揚感、たまりません。

20年以上、子供服のお店を運営して、展示会に何度も何度も通って、服を見てきた。心を動かすものには、何かその裏側にあるであろうストーリーを想像してみたり、服、モノはずっと感覚を信じて見続けてきた。ビジネス的にいくと、私はある時から感覚がもう会社のターゲットとずれてきたからと、バイヤーからは手をすっぱり引いて、そうとうにつまらないどころか、ストレスMAXの管理職に徹しくすぶりながら、子育てして、長男が大学生になり一人暮らし初めて、私も同じタイミングで体調が自分でコントロールできるようになり、アロマセラピストもやりたい、留学させてくれた父への恩返しに英語を使った仕事で稼げる自分にもなりたい。

ふとしたタイミングで、2年みっちりしごいて頂き、海外駐在員の方のサポートをする、大好きな仕事を経験させて頂いた。大好きだったけど、私以外は皆ほぼ帰国子女だったり、ご主人が外人さん、ほぼネイティブの同僚ばかりの中で、私は留学1年半、バックパッカー3か月、その後、貿易事務をアパレルで2年。その後は、子供服のお店を始めてアメリカに買い付けに行けば、英語を生かせたけれど、2人の息子を育てていた子育てど真ん中の期間は、母であることが全てだったから、震災もあり、何かがあった時にすぐに子供の元にいける仕事場として、くすぶりつつ数年続けた子供服のアパレル。

人生、楽しいことばかりしていてはだめだと、パパはよく言う。それは、パパと真逆に私があまりに自由人だから、家族として暮らすパパには我慢してもらったり、見過ごしてもらったりしたと思う。

ふとしたきっかけで、私は、私の唯一の好きな事、一人旅、バックパッカー。もう50才だから、ペースを落とした自由な一人旅人という感じでしょうか。ロンドンに2回行くチャンスを作りだし、そして、そこからお洒落と色の神様として崇拝する方に出会い、なぜか突然神様が舞い降りて、自由に手をうごかしてできたフェザーのポケットスクエアや孔雀のラペルピンを、ロンドンのモデル様につけて頂いたり、そこからクリエイティブな世界にのめり込み、2年かな。

右往左往して、思うがままに手を動かして、行き着いたのは「大人可愛い世界」と、「大切な人のリメイク」、ずっと一緒にいつもいられるように。あるものを、アイディア次第で、まったく違うアイテムに変身させて喜んで頂ける至福。

ほんの一瞬でも、ほんのわずかな時間でも、誰かを幸せにできる仕事、ありがとうを頂ける仕事、マッキーも歌ってる、その気持ちが私が探していたもの。こう想い、それを現実にトライできているのも、やはり、長男が来年から社会人となり、自分の今までの働きバチ貯金があるからだど、ポジティブにとらえて、今私は、毎日毎日、ワクワクと、次男をより大きくするためにご飯いっぱい食べさせて、笑わせて、大きなサッカー選手に育てる事と、クリエイティブな世界で誰かと繋がったり、協力して頂いたりお返ししたり、つながる、ということを頭の真ん中に置きながら、日々邁進しております。

亜土ちゃんのおかげで、間もなく日付も変わりますが、私の心はとっても元気。亜土ちゃんみたいにはもちろん到底できませんが、AKOちゃんも大人可愛い世界観を追求して、あと20年はまだまだ元気に人生を楽しもうと、明日からまたふんわりパワフルに頑張ります。

とりあえず、今日は、亜土ちゃんありがとう💛

AKOの徒然トーク💎

母。

不器用だけれど、頭の中にあるイメージをふんわりと形にするのが好き。それを作る時間が至福。マニュアルにそって、正しく物事を進めることが苦手な反面、自由に放置してくれたら、突然何かが生まれます🤗

およそ、25年間、フルタイムで時に半日以上働き続けて、その間に2人の息子を出産し、昔経営していた子供服のお店でも、婦人科系の病気で入院手術したその後ベッドの上で、ミサンガ作ったり、長男を出産したばかりの時は、家で小さな小さな次男を膝に乗せて、お店に出す商品をリメイクしたり、とにかく、OPENから数年は、私の趣味、好きな事=仕事であったから、あらゆることを全てこれ以上できません。って、声をはりあげて叫べるほど、日々働き続けた。

そんな私を支えてくれていたのは、今も健在、今だお世話になりっぱなしの両親です。父は、仕事のついでに子供服のお店でお客様のお子様が遊べるようにとおもちゃを届けてくれたり、長男が生まれた後には、ほぼほぼ両親が長男の両親であった。まだおっぱいを飲んで育つべき長男を、実家に置いて、自転車飛ばして出勤し、長男がお腹がすいた頃になると、両親が長男を車で連れてきてくれて、小さなお店の裏でおっぱいをあげて、お腹がいっぱいになった彼は、私の両親と一緒に実家へ帰る。私が同じことを、おばあちゃんになった時に果たしてできるであろうかと、時々思いはせるけれど、自身はない、けれど、同じようなことを私なりに、幸せを少しでも孫に渡せるおばあちゃんになることが、私のひとつの目標でもある。

50才。アラフィフ。これは、余生を考える大きなターニングポイントです、きっと誰にとっても。私は、色々考えた。現実と、自分の体力知力、仮にあと20年は現役バリバリとして生きていくとしたら、その間に生まれるであろう孫の事も踏まえ、やはり、現実的に人生においてる程度のお金は必要であります。

それをどう使うか、使うのか使わないのか、オプションとして選べる自分でありたいと願いながら、日々精進中でございます。

こんな世の中きっかけではありますが、不意に得た、人生で初めてのゆっくり時間。60才くらいまで、走り続けるであろうとなんとなく考えていた私は少し最初戸惑ったけれど、こんなゆっくり時間を過ごしてよい、働きまくった貯金はたっぷりあるので、今は、ゆっくりとできること、したいことを、時に焦りながら時にそんな自分を認めながら、日々丁寧に過ごしています。

そんな中で、母と話したり、母の昔の作品を手にしたりする機会に恵まれ、この私にとって永遠の宝物であるであろう、ビーズの繊細なリボンのブローチに出会いました。このリボンを軸にして、コーディネートしてコデカケする日が今の小さな温かい夢であります。

最近は、二人単位ではありますが、プチ女子会を大切な友人としています。もう少し涼しくなったころ、女子会にこのリボンブローチ軸のオシャレをして女子会をする時がくるまで、自分を信じて日々精進。今やっていることが、今選択をするころが、正解となるかNGとなるかは自分次第でもあるし、後になってわかること。自分だけでどうにもならない部分は除き、自分次第になることはすべてやりつくし、丁寧に毎日を過ごしたいなと、そう思う50才の語りでした🎀

AKOの徒然トーク💎

めぐり逢い- Part2.

I have 2 things I have been challenging and will forever.

1: JUN-san

I have been listening his podcast for long time, one the way to work, with creating the accessory, I have learned so much from him. Although this is my own opinion, I believe whatever kind of jobs, people attract people. I mean, even if you find the very attractive clothing at the shop, if the salesperson is not kind , didn’t have the good heart, I would not buy it or I might buy it, however I would not feel comfortable whenever I wear it. On the other hand, if I purchased the same clothing from the person with very good heart, it would give me the extra happiness which would make me feel very comfortable feeling whenever wearing it. Thus, after all, the things depends on the person you face with.

The reason I have been the huge fun of him and kept listening to his podcast is because I can sense he is really really good person. First of all, the way he teaches is perfect, and when he create the conversation version with one of his listener , I can feel JUN-san’s way of treating the guest is perfect with the respect. Simply I feel very comfy when listening his podcast. I believe all of his listener should agree with me.

Believe or not, I had reached out to him through IG, telling him I am huge fun of him and my dream is to be the guest one day after I get the score on TOEIC over 900. Unexpectedly I got the reply from JUN-san, telling me that though he couldn’t guarantee if I could be the one of the guest, told me to reach out to him when I got over 900 on TOEIC. Actually I am too shy to be a guest therefore I don’t want to be the guest🤣 however, it can be very powerful motivation for me to go on.

My plan is to complete my website ( create as I can feel it’s ok to officially publised.) then I will get back to learning English hardly to reach out to JUN-san one day.

For all who is looking for the very practical and fun way of learning ENGLISH, I definitely recommend to visit his platform. You will be addicted to his personality and great way of teaching skill😍

2: Keeping to creative something, such as making the accessory, broach, bow-tie, bags and so on, whatever some imagination comes up in my brain/mind, I just start to create without any instruction, just follow my inspiration, when I am concentrated on something creative is my favorite time, nothing cannot stop me until myself feel exhausted enough to fall in a sleep.

I create the accessories for the Beloved couple, could be the parents. What I would like to do is to create something similar like, create the necklace and the broach, using the same color. Could be the same item but with the different colors💚🧡

Always thinking about the colors, always thinking about fashion, coordination etc…several years ago, I found the god of color ✨ as soon as I found him on IG, I was addicted his posts, how to wear the clothing, using the colors. definitely he was unique and different from the others than the other stylish people I had found on IG or anywhere else. Since then, I have been huge fan of him and fortunately I could get the opportunity to create the feather pocket square and lapel pin. He has been inspiring me in many ways and hope will going forward as well.

Hope the ordinal world will come back sometime soon💞

AKOの徒然トーク💎

めぐり逢い。

義理の妹を語るとしたら、迷わず浮かんだこの言葉、めぐり逢い。

全ての出来事には理由があると言いますが、一期一会とか、人生は人や物事との出会い、そして自分の選択の連続。この繰り返しをする中で、人は喜怒哀楽の全てを体感し、弱り、そして這い上がり、たくましくなっていく。

私には、22才と13才の息子がいます。二人に対して思う気持ちは、たくましく人生を生き抜いていく男になってほしい、自分が思う幸せの形で幸せでいて欲しい。現実的なことを言うと、男なるもの、稼げる男になれと。妄想や想像からの創造の世界が好き、大人可愛いと50才にして掲げている私ですが、基本は中の軸は男らしい by my husband… 外見、ずっとずっとフェミニンさを漂わせてナチュラルに生きていきたいけど、仕事、必要最低限の動きに対しては実直ガンガンmanlyな私。

そんな私にも、基点となるタイミングで影響を受け続けている人との出会いが幾つかありますが、その貴重ないくつかのうちのひとつ、義理の妹。彼女は私と似ているようで、真逆の部分もあり、面倒くさくなく、おしゃれで美人で、SUPER賢く、賢いものたる者が辿り着く場所で、若者と向き合い支えている。心底尊敬し、そして、ちょっと良くも悪くもUNIQUEな私の取り扱いは世界一。

そんな彼女と、昨年末、クリスマスに二人でディナーをした以来、およそ8カ月ぶりに会ってランチをし、語りそして食し、満足満腹の数時間を昨日過ごした。まさに言いたい放題。断酒中(ほぼ)の私もスパークリングワインをおかわりし、あれこれあれこれ、何を話してもなんだか心底分かり合えるというか、もやっとすることが一瞬たりともない。彼女と私の弟は某有名どころの大学で出会ったのですが、彼女の周りの面々のお話を聞くと、皆様超越したところにいる方ばかり。頭の良い品の良い、強く優しい女性たちという印象。弟が大学生の頃に、私は昔々経営していた子供服のお店に立ちながら、週末はフリマにでかけていた。ある日、弟がお友達の可愛い女の子とフリマに立ち寄ってくれた事を覚えているのですが、どうやらその可愛かった女の子は、日本中誰もが知る某カンパニーのお社長様らしい。話を聞いているだけでその子のエネルギーが伝わってくる。

ちなみに5才年下なんですが、45才という世代としても、将来を見据えるタイミングらしい。私は45才の頃、五年前、フルタイムでガンガン働き、帰宅前にホットヨガをするという、SUPERエネルギッシュな人生を送っておりましたが、今、50才、5年ほど続けて一生やるであろうと思うほどはまっていたホットヨガ、絶対やりたくない😆ひとそれぞれでしょうが、私は45から50に至るまでの間に、長男が巣立ってしまったり、転職したり、子宮卵巣全摘したり、もうダッシュし続けてきた太い糸が、今年の3月にポキンと折れてしまった。50才はこれからの余生を考える人が多いのではと思いますが、私もそうであり、一番の変化は体力減退。若い友人にはお肉食べて筋肉付けろと言われますが、お肉は食べますが、筋トレとかまったくやる気がしない。いつかくる、動きたくても動けなくなるその時への備えに夢中🤩

他の方の事はわかりませんが、私は留学から帰国して、お金をためてバックパッカーをして、そのまま友人の紹介で某商社で貿易事務をし、子供服のお店を立ち上げ、3か月に一度はアメリカに一人でアメリカ古着を買い付けにいき、お店に休みはなく、その間に子供を二人生み、24時間働いていたといっても過言ではない日々を送ってきた、25年くらい。

そういう意味で、人の何倍も体力知力を使わないとその日を閉じることができなかった私、ちょっとしたきっかけではありますが、人生で初めて送っているこのゆっくりした時間、これに見合うだけの時間を過ごしてきたという自負をもって、感謝を忘れず、息子にいってらっしゃい、おかえりといえる幸せを噛みしめている今日この頃。

で、話はいつも通り自分の話に大きくそれましたが、この日、私が付くttメタリックピンクにゴールドを合わせたピアス、ネックレスは美しくカルティエの時計のまわりにふんわり巻いてきてくれて、その耳元で揺れる、可愛いピンクを見ながら、自分が作ったもので、人がキラキラ可愛い姿を見ることが今の私の至福です。美意識が以上に高いと、私を良く知る友人からは言われてきましたが、もちろん今も美意識当然持ってますが、自分をキラキラさせる事よりも、自分が作ったもので誰かがキラキラ可愛く笑っている姿を見るほうが、プライオリティが断然高い。

アロマセラピストとして、ケアは全て100%ナチュラルな蜜蝋クリームと保湿化粧水だけ。最近は眉毛も成長に成功したので外出時は日焼け止め代わりに下地を塗るだけ。そして、髪。私の髪のテーマは、お洒落、美容、すべての部分に都合よくナチュラル=無造作が基本なので、今や髪も自分で切ってます。無造作にバシャバシャと👌

妹にこの話をしたら、そういうこと、サイトで発信したらいいんじゃないですか?って言われたけど、お伝えできることは、右手にはさみをもって左手で髪をわさって捕まえて、バシャバシャって着る。そして、顔に蜜蝋クリーム塗るときに、ついでに髪をくちゃくちゃってするだけだから、どなたかのお役に立てるお話はございません。ということで、また次回の女子会ランチを楽しみにバイバイしたら、その直後に某出来事が起こり、やはり神様はブラックトークをすると聞かれており、何かの合図を送るのですね。私は、本日朝もはよから、お盆にいけなかったお墓参りに行き、お墓をきれいに洗って、お水をかけてる時、勝手ながら、胸がす~~~~~~~っと、軽くなりました。人間自体不思議な物体だから、私は不思議な感覚とか、不思議な話とか、オーラとか、昔から語り継がれていることわざたちは、全部信じています。信じて、必要に応じて自分なりに微調整し、今日も50才、あちらこちらへ、今の私に必要な情報がありそうな場所を転々と、今年6回目に失くした日傘を忘れものセンターに取りに行くついでに立ち寄ってみたら、やはり、しっかりご先祖様に手を合わせたからでしょう、有益な情報をGETし、前向きな一日となりました。

ランチするのに、テーブルの向こうにいる大切な妹とお喋りするのに、透明の壁があるという今の世の中。それなりに、どう動くかしっかり見極めて、その中でもやっぱり心底笑える自分である為に、頑張ることは頑張って、あとは笑っていたい。いつも私を掌でコロコロ転がしてくれる妹に感謝です😍