Showing 2 Result(s)
AKOの徒然トーク💎, お買物情報👍

親バカね。

サイトを始めて、お洒落や美活やアクセサリーとか、前職のリロケーションのお仕事とか、アロマセラピストの仕事とか。私にはやりたいことがいっぱいありすぎて、とっちらかる。4月末に手を付けだしたこのサイトも、基本的にいくつになってもいつもいつまでもフェミニンな毎日を、ってことだけど、フェミニンが私にとっての自分軸で気分が良いからで、その人それぞれの気分が良い軸でハッピーに過ごしたい、そのサポートをしてありがとうを頂ける仕事がしたい。そんな中で、私が大好きな尊敬するある人物が、スパって、「一番好きな事から絞ってスタートしろ。」って言ってくれて、もう終わりがない世界だから、七夕のはい、ラッキーセブンってことで、中途半端だったけど、始めちゃったこのサイト。

好きな事、ファッション、色、アクセサリー作り、人のサポート、コーディネートは私の一部のようなものだし。と、ひとつひとつやっつけていった最後に、アメリカに住んでいた頃から、子供服のアメリカの古着のお店をやって買い付けして子供たちに着せてきて、どうしても可愛くて可愛くて捨てられなくて持ってきたものを、当時そういえば、私リメイクしてたな。。。って、リメイクを始めだしましたら、はまりにはまって、アイディアが起きている間頭の中にうごうごやってきて、それを、今すこしずつ具現化している日々でございます。こうして、ブログやインスタでおしゃべりしたり、自分のクリエイティブを発信したりしながら、今や一日の7割、ミシンと向き合っております。

子供服の仕事をしていた時、サイトを作る部下にこうして欲しいという感覚的なことを言葉にして具現化してもらうことの難しさを思い知っていたので、今回は全部全部自分ができる範囲で、自分で解決してやっていこうと決めた。私が使っているのは、ワードプレスで海外ではメジャーなサイトのベースで、そこに私はBloossom というフェミニンはテーマを入れて、わからないことだらけで、何度も何度もサポートセンターに問い合わせをして、いっぱいいっぱい助けて頂き、今に至り、今もなお厚いサポートを受けて、それが全部英語だから、英語を使う機会にもなるし、大好きなKilling two birds by one bullet, 一石二鳥というやつです。

Blossom Themes

50才。アラフォーの頃は、まだ私はフルタイムの仕事を終えた後に、ホットヨガのスタジオに直行して、週に最低3回レッスンを受けていた。大みそかには、太陽礼拝を100回とか、やってたし、笑える、もう絶対できないしやりたくない。そして、今、50才。アラフィフ。アラフィフママ。サッカーママ。死ぬまで好きな仕事したいし、でも、体力が落ちていくこと、頭の回転がゆるくなることには抗えない。と考えて、今私は、死ぬまでずっとやっていける、大好きな仕事を手にするために、毎日SUPER必至。でも、楽しいのです。マニュアルにそって何かを正しくすることが出来ない私は、頭の中のアイディアを具現化するこのプロセスが最高に刺激的越え、快感です。

えーえー。おそらくですが、既に長男の手元についているはずですが、リアクションはございません。大好きで大好きでたまらないという可愛い彼女と楽しくしているのでしょう。それでしたらそれでよしということで、親バカトーク終了。

AKOの徒然トーク💎, お買物情報👍

イニシャル刺繍がはいるよ👌

どうやらですが。昨夜寝る間際にこのブログを書いており、公開ボタン押さないままベッドの中に突入してしまったようでございます。つめがゆるいぞ~でもたいした問題ではないので🤷‍♂️これから公開にしよっと👌

今日は、これからリメイクコーナーの乱雑にえいや~って七夕の縁起を担ぎたく後悔したやつ(一人大爆笑)今から整理整頓しますので、仕上がったらぜひぜひ見てくださいね。あんな乱雑なブログのアップでしたが、いくつかご注文を頂戴しまして、素材(生地)自体がなくなってしまったものもございますが、本当にこの30年の間アメリカ滞在時に買い集めたビンテージの生地や、アパレルの服屋さんやってた時代の名残とか、まだまだご紹介したいものの半分にも達しておりませんので、いつまでもいつきてもフレッシュ~なAKOショップ、。そしてフレキシブルな対応で🤗


リメイクトートなどなど、全てのAKO作品にご希望の方には皆様のスペシャルアイテムにすべく、イニシャル刺繍を入れさせて頂きます。ひとまずきりがないので、七夕にオフィシャルに公開しましたが、今は、刺繍の詳細をわかりやすく整理整頓しているところでございます。もっともっとうまくできるようになる為に、仲良しの大好きな友人にちょっとしたものを作りながら、楽しくやらせて頂いております。

50才、留学してバックパッカーして、24才くらいに初めて日本でお勤めしてアパレルの貿易事務の仕事をして、子供服のお店を立ち上げて、可愛い可愛いボーイズを二人出産して、太ったり痩せたり、今、50才、顔がどんどん小さくなっていく分、なぜなんだ、お腹周りがダルマ化が止まらない😂アラフィフの皆様であれば、うんうんと頷きを頂戴できるところかと存じますが、いかがでしょうか?今、東京のど真ん中に住んでいる私は、ちょっと歩けばなんでもある。もうどこからやっつければよいのかわからないほど、私の脳とハートを刺激してくれるものが街中に溢れている。今日は、どうしても出かけなくてはならなくて駅付近に行ったけど、もうすでにほぼほぼ日常で人がたくさん。でもまた200人越えとか、私自身も含めて、家族、そして友人にもたくさんフリーランスの方々がおられるので、線引きがとっても難しいですね。芯が強いけど気が弱いメンタル弱小クラブ会長の私は、こんな情勢の中できっちりとお仕事をこなされ、さらにまたこんな中で日本の為にと圧勝された小池さん。本当に心底人として女性として尊敬して止みません。

良くも悪くも、自分次第なのかな、私の発達障害はいわゆる社会の中で企業の中でうまく立ち回るのが難しい。前職で2年頑張ったけど、もう心身ともに頭のきれるボスのパワーにつぶされてしまった。でも、死ぬまで何かをしたいし、仕事として。そして、なんらかの形で社会と関わることが生きていくこととすると、無理をせず、私だけの強みは経験値だから、ちょっと頑張ってもう一度自分自身で好きな事で人をハッピーにできる仕事を追求してみようと、今は日々精進中です。その中で、毎日人や物との出会いがあり、アイディアがうまれ、どこかに繋がり広がりゆく感覚がとっても好き。

そうそう、家で黙々と仕事して行き詰った時に、嵐の*Happiness*が流れてきて、抗うよりも希望がみえるところで頑張ればいいじゃん、的な歌詞に魅了され、嵐に救われた私です。アラフィフそしてアラフォーのママ達は、日々天手古舞(半分寝てる、テンテコマイ、です。笑)だと思います。共働きでも専業主婦でも、お子様がいらっしゃらなくても、なんだか人生の岐路というか、私は余生を考えるタイミングが50才でした。

ん~~~~~~~。いつも通り、お題とはどんどんかけ離れていく、取り留めないトークになってますが、今週末は、SUPER久しぶりに次男の試合がみれそうだし、うん、また明日は明日でがんばりましょ。