You Are Reading

酵素とダイエット。

0
AKOの徒然トーク💎

酵素とダイエット。

大きな絵でみると、男性と女性のライフスタイルの変化は、断然女性の方が多い。役割と、そして身体的に、結婚してもしなくても、出産してもしなくても、男性の更年期もあるとは聞きますが、私は女性なので、勝手ながら女性目線で、25年近く子育てしながらワーキングマザーをしてきた主観ですが。

私の場合は、26才で卵巣嚢腫で手術して、28才で長男を帝王切開で出産し、また32才で卵巣嚢腫で再度手術して36才で次男を帝王切開。この時点でお腹を4回横に刻まれた身体になり、その間もず~~~~~~~~~~~っと、自分自身で始めた会社だったので責任諸々の中でフルタイム以上に働き続け、年を重ねるごとに、否応なしに管理職、間に挟まる苦しポジションとなりつつ、子育てしつつ、私の両親が近所に住んでいて、完璧以上のサポートを長男次男として頂き乗り越えられたわけで、かつて子供服のお店をしておりましたが、自分自身の両親が近所にいてサポートがあるってそうそうなくて、色々な頑張るママ達のお話を聞きながら子育てと仕事をしてきた。平日は、朝から晩まで仕事し、3か月に一度はアメリカや大阪に出張し、帰宅しても頭の中は仕事のあれやこれやと、思考を止めることができない。プラス、二人ともサッカー少年なので、チームの父母会の会長もやってみたり(前に出るのが一番嫌いですが、自分のペールでできる、プラス、やはりチームの皆様への感謝を形にして返さないとという勝手な使命感。つくづく苦労性というか、やり過ぎくらい動かないと、心身ともに満足して眠れないエネルギーがあり過ぎて。。。長男が高校生、次男が小学生の頃は、3年連続運動会が被って、片道1時間20分を自転車で2往復したな。。。今やもう考えるだけで倒れそうですが。いつもいつでも必死で疲れていたけど、日中はがっつり仕事して、夜、兄弟が仲良くいちゃいちゃする二人の後ろ姿見ながら、洗濯物をたたむ時間とか、かけがえのない幸せな時間でした。

そして、フェミニン。これはもう子育てして仕事していると、もう自分がどうでも良くならざるを得ない時期があります。私もありました。次男妊娠しているときは、部下に外で会っても気づいてもらえないくらい太り、「どうしたんですが、オーラが完全に消えていてわかりませんでした。」と言われたセリフは一生忘れられない。二人が現役子供時代は、私自身が婦人科系の痛みとほぼ毎日戦いながら、管理職してガミガミせざるを得ず、でもどうにもならないその時、自分自身にもイライラしてしまい、子供に八つ当たりとか、そして後悔して子供に謝るとか。何度繰り返したことか。

今、50才になり、長男は大学入学してから一人暮らしして仕送りという違う角度からの負担はありますが、自分の視界にいないと、その分現実的に自分自身にスペースができます。そうすると、自分を顧みる事が、具体的に現実的にできるようになり、思考も変わってきて、野放しで大きくなった体を酵素ダイエットとサウナスーツ着て歩く歩くで、15キロくらい痩せて、すると当然お洒落が楽しめるようになるわけで、プラスの連鎖です。具体的にいうと、朝昼晩、酵素と玄米で、毎日1時間サウナスーツ着て歩き続けました、ほぼ2ヵ月くらいかな~。酵素は、自分自身で作れる量に限りがあるので、食べ過ぎると消化燃焼に酵素をもっていかれちゃうから、食べる量を減らすと燃焼に酵素が注力してくれて、痩せやすくなるわけです。で、酵素は、人間が作り出せる量に限りがあるから、意図して酵素をとる。私は、発酵食品とリキッドタイプの酵素を摂取しておりました。で、毎日、朝昼晩、食べたもの、運動した時間を記録する、レコードダイエット。可視化すると、ふんわり頭の中で思っているだけの適当な感覚ではなく、自分自身を客観的に見つめなおすことができます。マゾ系の私は、ある時スイッチがはいると、仕事でもダイエットでも、何においてもストイックな自分を楽しむようになります。(個人差があるので、自分にあったやり方で、無理なく続けられるやり方で。)なんで、ダイエットするのか、その理由は人それぞれかと思いますが、私の場合は、やはり思うように、自分自身が満足いくように毎日おしゃれしたい。仕事中に街中で鏡に映る自分の姿が見にくいより、少しでもすっきりしている方が自分の気分が上がり、その上りが私のその日に影響するからです。笑う門には福来る。これ、絶対ありますが、笑が偽物ではすぐばれます。数字ではなくて、自分自身が心地よい自分でお洒落を楽しんで幸せな一日を送れることが、フェミニンな日々を送り続けられる唯一の道と信じております。

という私の今は、皆さまと同様に、人生初の経験、コロナ監禁で思うように外を出歩けませんが、日差しが強くなった今、GW終わった今、しっかり日傘をさして、出来るだけ人気のない道を、何処かに行くにも意図して遠回りして歩くようにしております。自分ができる範囲で、続けられる範囲で。持久力ないから、マラソン大嫌いなので、決して走りません。早歩きがギリ。

フェミニンの定義は人それぞれものですが、毎日、ハートがふわってなる何かがあると、それだけで違うはずです。いつも怒って生きていたら、間違いなく眉間に縦皺ができます。でも、それは蜜蠟クリームと自分の心がけで眉間に皺寄せなくていい一日を過ごせば、100%消えなくても、眉間の皺もうっすらとします。そんなお手伝いを、今までお仕事とこ育て諸々に尽くしてきた女性の皆様のお役に立てる日を、コロナ終息を待ちながら、日々できる事を地道にこなしながら楽しみに待ちわびております。

おじさんかおばさんかわからない女性にだけはならないで~。女性として生まれたからには、一生その時々の年齢なりに可愛くあり可愛く毎日過ごしましょう。


About Myself やブログのお喋りで信頼頂き、共有できることがあればお気軽に一度🤍お問合せ🤍下さいませ。*25年ワーキングマザーとして、子供服店運営そして、アロマセラピストとしてカウンセリング歴、そして直近では海外から東京に赴任される海外のクライアント様のサポートをする仕事をしておりました。只今、継続して海外からのクライアント様のサポートと、世界にひとつのアクセサリー制作、そしてパーソナルスタイリストとして活動中準備中です。

子育て、ワーキングマザーとしてのお悩み、ちょっとしたビジネス英語、もちろんお洒落のご相談、美活のご相談大歓迎です。皆様それぞれのフェミニンでナチュラルなスタイルを確立させて頂くお手伝いが出来れば至福でございます。

お気軽にまずは一度お問合せ下さい🙄

About Author

50才です❤️
-22&13才の息子のワーキングマザー
-アパレル歴25年
-リロケーション歴2年
-アロマセラピスト
-アクセサリークリエイター💎
最愛なる方々に何気ないお揃いや、
コーディネートに合わせてオーダーメイド
等。臨機応変されどこだわりの作品を。
A:お洒落+B:アクセサリー+C:ナチュラルビューティケアの3つを軸に、いつもいつまでも日々をフェミニンに過ごすサポートをさせて頂きます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

AKO's SHOP ITEMS

Follow Me!