You Are Reading

丁寧に生きる。

0
AKOの徒然トーク💎

丁寧に生きる。

かれこれ30年以上前だと、怪しい記憶ではありますが、当時既に24時間仕事で頭も身体もいっぱいに生きていた頃。an anで特集されていた記事。私のハートは瞬時に反応して、それからずっとその言葉が私の中で静かに眠り続けて、今この未曾有ワールドで、きっかけとしては良くはない、されど、50才になった今、初めて日々を「丁寧に生きる。」事ができている。世のために、こんな世界の中で尽力頂いている皆様には申し訳ないという念はあるものの、30年近く、子供服の会社を立ち上げ、お休みなしで朝から真夜中まで寝ても覚めても仕事を続け、息子を二人授かり、地元の会社と自宅を自転車でいつも暴走する姿をママ友に発見されても、時間がないから軽く手を振って大暴走。1秒すら惜しかった。立ち上げ最初の2年間は、3か月に一度はアメリカに子供の古着を買い回りにアメリカを一人車で走りまくり、その後、大阪にお洒落な子供服ブランドが増え始めてからは、今度は3ヵ月に一度は大阪出張。長男が、まだ保育園の頃には、私が大阪に行くのが嫌だと泣きじゃくりながら、出勤時間の人込みの中、車からパジャマのまま降りてしがみついてきたことは今でもよく思い出す。結局予約していた新幹線に乗り遅れ、来年から社会人になる彼に、いつか大阪への新幹線片道代返してもらおうと思っている。というのは、シニアジョークで、息子たちには稼げる男になれといっている。何が起きても、色々な選択肢を持ちながら、好きなことに打ち込む、バックアップは男としては、(私自身にもですが)大切です。豊かに生きていく為。

で、その後2年間働いたリロケーションの会社。海外駐在員の方々のサポートをしてありがとうを頂ける、とっても大変だったけど、心底楽しかった。仕事ができる頭がキレキレのボスの元で色々学ばせて頂き感謝しているけど、オフィス内で頭じゃなくて、全身キレキレで怒鳴り散らされるという経験は、私の中でただのストレスで怒鳴られダメ出しされるたびに、私の仕事のパフォーマンスは落ちていき、2年耐えたけど辞めた。私も20年近くボスで、責任があるから、部下にキレキレした時代もあったけど、仕事ができる方は、基本、みんな優しい。並みの優しさではなく、懐が深く、伝えるべきことはしっかり伝えて、教えて頂けるが、オフィス内で大声でどなるとか、感情的に威圧するなんてことは、絶対にない。偶然にも、このコロナ騒動がひどくなる直前に退職できたので、悪運の強さ。そして、逃げずに2年自分なりに頑張り続けたから、今、このゆっくり時間を、自分の中でしっくりと、今までよく働き続けたなぁ。(子育てはほぼ私の両親に頼り切りだったけど、子供のサッカー役員とか、学校の役員とかも子供の為に色々とやってきた。)子育てもグダグダだらけだったけど、平日1000%のチカラで働いて、週末は5時起きお弁当、そして遠征、どこまでもどこまでも応援に行った。子供のサッカー観戦ほど、親として楽しいことはない。勝っても負けても、一生懸命チカラを出し切ったからこその笑顔や涙に、胸を何度うたれたことか。今も現役サッカー少年の母ですが、長男が3年前に大学に入り一人暮らしを始めてから、少し自分の中に余裕ができた。そして、次男に対しては余裕をもって子育てができていると自負している。

はい、そこでです。今までやりきってきた自分の時間に嘘偽りなく、すべての事をやりきってきたから、死ぬまで働き続けたいけど、否応なしに手にしたこの時間。初めてふいにやってきた「丁寧に生きる。」この時間を心底楽しく有意義に使えているのだと思う。もし、私が今まで仕事しないで、だらだらと生きてぶくぶく太った50才になっての今だとしたら、この時間は全く違うものだったはず。ですので、世のために働き続けて頂いている皆様に感謝の気持ちは忘れずに、自分の中で毎日規則正しく生活しながら、好きなこと、将来の夢に、そしてご飯をゆっくり作る事ができるという時間を本当に本当に丁寧に心底楽しく生きている。

本当にできる人は、どんなに忙しくても丁寧に生きることができるのかもしれない。私の場合は、50才にしてやっと「丁寧に生きる。」を体現できている。本当の自分とも向き合っているし、家の中で仕事しながら、ベランダでトレーニングする次男を見たり、走って真っ赤な顔して帰ってきて、「ママ。30秒タイム縮めたよ🥰」って報告してくれる次男君を静観しつつ過ごす今、毎日に感謝です。

当然、幸せなだけ、プラスなことだけの人生なんて誰にもないし、誰でもマイナスといったらマイナスと呼べることはある。けども。そこになにかしらの形で折り合いつけて笑顔で人に優しくできるシニアライフ希望🤍

アラフィフ、アラフォー、アラサー、そしてアラシックス?アラシ―?の、ナチュラルビューティ、そして一生のフェミニンライフを求める全ての皆様に何かが発信されておりますように🎈

お陰様で、母を楽しみ、ゆっくり少し先の八百屋さんまでお買い物に行き、新鮮なお野菜を買い、どうしても迷い、必要以上にカロリー消費し、マスクして、一日中化粧水つけているから、毛穴レス🧡

皆様、それぞれの状況で丁寧時間を持つなんて難しいとは思いますが、少しでも日々を丁寧に生きましょう🎀

About Author

50才です❤️
-22&13才の息子のワーキングマザー
-アパレル歴25年
-リロケーション歴2年
-アロマセラピスト
-アクセサリークリエイター💎
最愛なる方々に何気ないお揃いや、
コーディネートに合わせてオーダーメイド
等。臨機応変されどこだわりの作品を。
A:お洒落+B:アクセサリー+C:ナチュラルビューティケアの3つを軸に、いつもいつまでも日々をフェミニンに過ごすサポートをさせて頂きます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

AKO's SHOP ITEMS

Follow Me!