You Are Reading

日傘の祟り続編。

0
AKOの徒然トーク💎

日傘の祟り続編。

え~。

今年に入り、昨年の夏の終わりに失くしてしまった私が最大限に信頼している強い日傘。シンプルで、裏側がシルバーで大きめで、ふちが何気にフリルで辛可愛。

今年は、もう少し大きめに挑戦と同じお店で買ってみたら、到着時に破損があり、新しいものをお送り頂き、軽い柄の部分の傷だったので、そのまま持っていて、それを持って出かけた初日に失くし。いやいや、私にはスーパーバックアップ、まっさらな同じ日傘があるからオッケーちゃんって思っていたら、翌日にまた失くしてしまった。

そこで、ポジティブにそこを展開するため、やっぱり原点に戻るべしってことであると、数年使い続けてきた日傘を注文しましたところ。いつもすぐに届くのに。こない。嫌な予感が的中で、引っ越し前の住所に届いてしまった~~~~。で、翌日それを引っ越し前の我が家の近くの実家に転送して頂き、それは母へのギフトとして、喜んでもらったからポジティブに完了。

そして、2020年5月以降3回目の日傘を同じお店で購入し、今度はしっかり住所確認しすぐに届いてやっぱりこれだね👌しっくりくるものが落ち着く。日傘にドットはいらないし、大好きなネイビーが一番。

で、一昨日、東京はもう猛暑のごとく、日差しが強く電車で出かける用事がありネイビー日傘をもってお出かけしました。始めていく場所で、ちょっとドキドキ感ありつつ地下鉄に乗りしっかり日傘は手から離さず降りて改札出て階段上って外にでたら。暑い暑い日差しが半端ないぞ~~~~~って、ネイビーくんをさした瞬間です、ほんと瞬間、瞬時に強風にあおられまして、これ以上しっかりした丈夫な日傘はないと絶賛していたけれども、それを大きく上にいく強風にあおられ、スカートもめくれあがるし動揺して360度回転した間に、傘が全部裏側にひっくりかえりの骨が折れて、ズタボロ😱

祟り以外の何物でもないでしょ、これって。でも、大事な用事だったから、骨の折れた日傘をたたんで用事済ませて、50才、アラフィフ魂で家のある駅に着いたら、今度は雨が降っていた😱😱

晴雨両用の手元にある傘が使えない。めげるな自分。家までの間にあるかわいいショップでも狙っていた晴雨両用のネイビーの傘があったから、そこに直行して購入したら、なんかそこの若い店員の接客が無愛想で、八つ当たりのようにムカついてしまった、アラフィフの更年期障害の一部としてやり過ごした。

というこのブログを書く前に、私、その傘買ったこと忘れて、また大好きネイビー日傘を注文してしまったことに気づいた。

せめて色変えてサックスかピンクにしておけばよかったのではないか。もはや誰にも止められない、アファフィフママの天然を超越したどうでもいい話PART2でした。

このあと、ピンクに変更お願いメールしてみよっと🎀

About Author

50才です❤️
-22&13才の息子のワーキングマザー
-アパレル歴25年
-リロケーション歴2年
-アロマセラピスト
-アクセサリークリエイター💎
最愛なる方々に何気ないお揃いや、
コーディネートに合わせてオーダーメイド
等。臨機応変されどこだわりの作品を。
A:お洒落+B:アクセサリー+C:ナチュラルビューティケアの3つを軸に、いつもいつまでも日々をフェミニンに過ごすサポートをさせて頂きます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

AKO's SHOP ITEMS

Follow Me!